2010年01月28日

小沢氏の個人事務所周辺、重々しい雰囲気 「納得できる説明を」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏から任意で事情聴取を始めた。小沢氏の資金管理団体「陸山会」の事務所が入る東京都港区のマンション周辺には報道陣の姿もなく閑散とした様子。一方、小沢氏の個人事務所が入るマンションには、報道陣のカメラ10台以上が集まり、警備のための警察車両が配備されるなど重々しい空気に包まれた。

 不安そうな様子でマンションを眺めていた事務所近くに住む会社員の男性(34)は「検察の動きは政局がらみのように感じる。しかし、小沢氏は国民が納得できる説明責任は果たすべきだ」と話した。

【関連記事】
民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
小沢氏を任意聴取 東京地検
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気
小沢氏聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する

「国民の理解得られる状況つくる」=小沢氏、任意聴取に自信? (時事通信)
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏(時事通信)
夜中に「バーン」水道管破裂、周辺は浸水・避難(読売新聞)
地域差考慮した医療改革のデザインを―産科婦人科学会(医療介護CBニュース)
普天間、首相「国が結論出す」…名護市長選受け(読売新聞)
posted by スギモリ ノブオ at 06:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。