2010年04月12日

核なき世界へ「大きな一歩」=核不使用、ルール化に努力−岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は7日午前、外務省内で記者団に対し、米政府が核兵器を保有しない国に原則として核を使用しない方針などを盛り込んだ核戦略体制見直し(NPR)を発表したことについて、「日本政府が発言してきたことと同じラインにあり歓迎したい。『核なき世界』に向けて大きな一歩を踏み出した」と高く評価した。
 外相は、核拡散防止条約(NPT)を順守する非核保有国への核不使用について「米国の宣言にとどめることなく、国連安全保障理事会決議や条約の形にすることで実効性がより強固になる」と述べ、国際的なルール化のための外交努力を進めていく考えを示した。 

多重債務過払い金、事務員が交渉か 司法書士事務所を告発(産経新聞)
出火件数、1270件減=09年火災概要−総務省消防庁(時事通信)
ウナギ完全養殖に成功=世界初−水産総合研究センター(時事通信)
「命の限り頑張る」審理差し戻しに奥西死刑囚(読売新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
posted by スギモリ ノブオ at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。