2010年06月15日

牛・豚肉卸値、平年並み=口蹄疫、影響せず―農水省調べ(時事通信)

 宮崎県都城市などで10日、新たに口蹄(こうてい)疫に感染した牛が確認されたが、現状で食肉の取引価格に特段の影響は出ていない。農林水産省によると、牛肉、豚肉の卸値は平年並みで推移しており、「季節的な要因での変動はあるが、口蹄疫の影響は見られない」(食肉鶏卵課)という。
 同省の調べによると、10日時点の卸値(1キロ当たり、東京・大阪の加重平均価格)は、牛肉が前日比18円安の1006円、豚肉が同11円高の557円。例年この時期、夏場に向け消費が落ちる牛肉価格は下落傾向の一方、豚肉は受胎の関係で出荷頭数が減り、上昇しやすい。ただ、現在の価格水準はいずれも例年並み。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫対策特別措置法」
宮崎市と日向市でも新たに発生=口蹄疫、ワクチン網突破
宮崎県境の道路、一部封鎖を検討=口蹄疫の感染防止で
首相、迅速対応を指示=都城市で口蹄疫

小林議員の資金管理統括に有罪判決…北教組事件(読売新聞)
創設88年 関大応援団に初の留学生 特注学ランで「フレー」(産経新聞)
はやぶさ 7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還(毎日新聞)
交通事故死者4914人…10年前の45%減(読売新聞)
全精社協元副会長に懲役1年6月求刑(産経新聞)
posted by スギモリ ノブオ at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。